<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゲストさん聞いてみた ② 『Unicorn Bakery』

ゲストさんに聞いてみた
6月ゲストUnicorn Bakeryさん
a0123451_2323867.jpg

ユニコーンベーカリーさんに到着したのは夕暮れ前
五月にしてはの夏日
”暑かったでしょう〜”
リンゴジュースを差し出してくれたとっても気さくな店主のアンチャン
入り口を全開にした店内には心地よい風が通ります
a0123451_2333371.jpg

ユニコーンベーカリーさんは国立駅近く
長屋の正面を飾るブリティッシュ・アメリカンスタイルのベーカリーのお店
お菓子のアイディアはイギリス生まれアメリカ育ちのお母さん譲りの本場の味
お菓子のデザインのお仕事を経てお友達の集まりにお菓子を披露したことがお店を始めるきっかけに…
a0123451_2341761.jpg

スプンフルのある丸田ストアーのすぐそばで育ったアンチャン
武蔵野公園や小金井への思い入れも深く
地域やご近所さんの話しで”知ってる!””うんうん”
話しは尽きません!!!

a0123451_2383732.jpg


営業中のにもかかわらず
楽しい時間をありがとうございました

a0123451_2393688.jpg


はけのおいしい朝市初登場!
当日は人気のメープルピーカンバーやマフィン、スコーンを持ってきてくださいます
どうぞお楽しみに!


tiny little hideout SPOONFUL
眞嶋 麻衣




.
[PR]
by hake-ichi | 2016-05-31 23:06 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)

ゲストさんに聞いてみた① 『glass studio Rainbow Leaf』

今月から始まった新企画!「スタッフに聞いてみた」に続いて、はけいちに来てくれるゲストさんのことをもっと知りたい!「ゲストさんに聞いてみた」のコーナーが始まります。
第一回は、6月5日(日)「はけのおいしい朝市vol.81」のゲストさん、glass studio Rainbow Leafさんです。

中村文具店の中村さんの車に乗せてもらって、スプンフルのマイさん、私出茶屋の鶴巻で、青梅へ出発!

中村文具店は古文具のお店ですが、中村さんの車はこれまた渋い。左ハンドルの逆輸入日本車です。(私は詳しくないので..車好きな方は、ぜひ中村さんに聞いてみてくださいね)
エアコンはついてるけれど壊れてるということで、ぐるぐるハンドルを回して窓全開!気持ちいい風にびゅんびゅん吹かれて青梅街道を進みました。
車で小作駅を北上して5分程、白い建物が見えて、Rainbow Leafさんに到着。
まっ白の天井の高い建物に、工房とショップが並んでいます。

a0123451_22281691.jpg


Rainbow Leafの平岩愛子さんが迎えてくれました。ガラスのことは全然知らない私たち。机や棚に並ぶグラスにときめきながら、みんなから質問が始まりました。

建物や、アンティークの棚にまず目が行くのは中村さん。
平岩「父のやっていた工場を改装したんです。その当時の棚などを利用しています。」

a0123451_22321055.jpg


中村「かっこいい。そういう受け継いでるスタイルいいですね。 流行りのインダストリアルデザイン!」
床に残る跡や、奥に残る工具など中村さんは気になって仕方ない様子です。

お店中を歩きまわっていた私たち。かわいい椅子にやっと座ったところに、平岩さんが冷たいお茶を出してくれました。もちろんRainbow Leafのグラス。

今までのはけいちで、神社開催やオリーブ・ガーデン開催、SERVEさんでも出店していただいことがあるRainbow Leafさん。お客さんからも「口当たりがすごくいい」という言葉をよく聞きます。出茶屋でもレモンコーヒーのグラスで愛用しています。

a0123451_2233435.jpg

マイ「音がすごくいい!おいしい」
みんなの飲むカラカラという音が涼しさを感じてとても気持ちがいい。

Rainbow Leafさんのwebページを見ると、ヨーロッパなどのガラスを見て巡ったという平岩さん。ガラスとの出会いを聞きました。

a0123451_22452224.jpg


鶴「どんなガラスが好きなんですか?」
平「油絵をやっていたので、透明なガラスは人気があるんですけど、でも私はその当時の琉球ガラスの、色のついたガラスというのに惹かれて、透明だけど色のついたものがやりたいと思いました」
美術大学の図書館で見ていた琉球ガラスの本。その中に紹介されていた人物にとても惹かれたそうです。
平「直感でこの人に会いたい!と思って。会って話しを聞きたい。それがきっかけですね。20年程前、当時はインターネットでの情報も見つけられず、本で見た住所だけを頼りに沖縄へ向かいました」
平「だけど向かった住所のところは駐車場になっていて….。このままじゃ帰れないって思って、琉球ガラスの工房を巡りました」

Rainbow Leafさんのガラスは、廃材を使ったリサイクルガラスです。
当時はその差がどういうものなのか分かっていなかったという平岩さん。沖縄のガラス工場を巡って、鮮やかな加工ガラスは平岩さんにとってあまり惹かれることがないことに気が付いたそうです。最後に行ったのが、本で見た、会いたかった職人さんが最初に修行したという『奥原硝子製造所』。

平「やはりそこの硝子に、ああ、これだ!と思って惹かれて。昔ながらの工場で、みんな黙々と作業をしていて怖い雰囲気で….、休憩までずっと待っていました」

会いたかった職人さんのことを尋ねると、懐かしいって話してくれたけれど、もう3年くらい前に亡くなって工場はもっと前に閉鎖したとのこと。でも、「ここだ!」と思った平岩さんは、ここで働いて学びたいとお願いしました。なかなかうんとは言ってもえらなかったそうですが、東京に戻って、ずっと気持ちが変わらなかったらおいでと言ってくれたそう。その後、年賀状に「春に行きたいです」と書いたところ、返事はなかったけれど、それはいいということなんだと思って、卒業して、春になって行きましたと笑う平岩さん。
すごい行動力!きっとまっすぐなその気持ちが製造所の人にも伝わり嬉しかったのではないかと思います。


それから、結婚や出産を挟んで約7年間、奥原硝子製造所で琉球硝子を学び、2009年、吹きガラスを中心としたガラス工房 glass studio Rainbow Leaf を設立。

Rainbow Leaf という名前は、虹のような色の光の一瞬の変化、葉のように柔らかな印象の形をガラスで表現していきたいから。

a0123451_22461594.jpg


平岩さんのグラスは、柔らい雰囲気で、緑や黄色や紫、リサイクルガラスに溶け込む色がとてもきれいで、その名前に込められた想いが伝わってきます。

鶴「琉球ガラスの違いっていうのはなんなのですか?全部リサイクルガラス?」
平「もともと琉球ガラスは、戦後材料がないときに米軍が使った瓶を集めて作ったのが始まりなんです。段々お土産品とかで人気が出て、沖縄が日本に返還されて流通もよくなって原料が手に入りやすくなってからは、なかなか瓶を回収してラベルを剥がして作るリサイクルガラスは減っています」

Rainbow Leafさんは100%リサイクルガラス。沖縄では泡盛の瓶がたくさん出るそうですが、こちらではあまりないので色んな瓶を試してみて、平岩さんの好きな色合いや溶け方を見て、焼酎の空き瓶を主に使っているそうです。同じ瓶じゃないと割れてしまうんだそう!ワインの瓶など、産地が色々で国が違うと合わなくて割れやすいんだそうです。

マ「1本1本ラベルを剥がすところも全行程一人でやってるんですか!?」
平「ほとんどそうですね。父と母にラベルを剥がしたりしてもらってます」

型のデザインから全行程!そして暑い中ガラスを吹いて、かっこいいです!

a0123451_22394472.jpg



Rainbow Leafさん、面白い話しがありすぎて、とても一度では紹介しきれません。また2度目、伺わせてくださいとお願いしました。
実際に体験もしてみたい。ガラス作りの行程や沖縄での生活のこと、聞きたい話しはつきません。


Rainbow Leafさんとはけいちの出会いは、YUZURIHAの横須賀さん。同じイベント会場でその日はアチパンさんのお手伝いをしていた横須賀さんが平岩さんをナンパ。話している内に、奥原硝子製造所が取引していた工芸店が横須賀さんが昔働いていたところだったり、共通項がたくさんあって盛り上がったそうです。

「ゲストさんに聞いてみた①」やっぱり実際にお店に行って話しを聞くと、身体中に言葉から発せられる空気が伝わって、すごく面白くて、来られてよかったねと3人で話しました。
みなさんもぜひ工房に足を運んでみてくださいね。


Rainbow Leafさんのこだわりは、
シンプルなもの。機能美、日常に使いやすいもの。

今回のはけいちのおすすめは、調味料入れ。平岩さんの友人の木工作家さんが作るスプーンもついて素敵です。

a0123451_2247138.jpg



楽しいお話しを聞いて大満足、でおなかの空いた私たち….(車でお昼何食べる?という話しばかりしていたし)。平岩さんに青梅のおすすめのお店を聞いて、工房を後にしました。

Rainbow Leafさん、お忙しい中ありがとうございました!はけいちでまた会えるのを楽しみに!


出茶屋
鶴巻麻由子


*「はけのおいしい朝市vol.81」
 中村文具店新店舗にて10時〜15時open!!




.
[PR]
by hake-ichi | 2016-05-31 22:51 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)

スタッフに聞いてみた①[カブキガオ]佐野圭さん

月一回のペースで開催している[はけのおいしい朝市]
その組合員はいったいどんな人たちなんでしょう?

そんな[はけ組]メンバーがメンバーにひとりずつお話を聞いていきます。

第一回目は
今回から[はけ市]のチラシポスターなどを書いていただくことになった、
[カブキガオ]こと佐野圭(さのけい)さん。
 佐野さん、どんな方なんでしょう?
さっそくお仕事中におじゃまして佐野さんに聞いてみました。
a0123451_22581052.jpg



多摩美術大学をご卒業後、大手ガラスメーカーにお勤めの経験がある
佐野さん。

森)「ガラスメーカーではどんなお仕事をされてたんですか?」
佐野)「ガラスの食器、絵付け、パッケージデザインなど、
   大学でも専攻していたプロダクトデザインをしていました。もともと食器には
   興味があって、ガラスだけをやっているとガラスの専門家にはなれるんですけど
   陶器などのほかの素材を扱ったデザインに携われないだろうと思い会社を辞めました。
   そのあとどんな企業や会社があるのあるのか探しているときに、大学の講師でもあった
   吉田さんのところでお手伝いをすることになりました。」
森)「やっぱり小さい頃から絵を描くのがお好きだったんですか?」
佐野)「そうですね、小さい時から絵を描くのは好きでしたね。グラフィックデザイナーとか
   画家とかあこがれはしてたんですけど、絵柄やパターンがプリントされた物が好きに
   なっていって。シューズのグラフィックだったり、服のグラフィックパターンていうもの
   からこれを作ってる人ってどんな人なんだろうとか。
   だんだんと意識しだして、そこからプロダクトデザイナーという職業があるんだという
   ことを知りました。
   何でもできるんだろうなと。なんか分野が広いような感じがしました。」

そしてガラスメーカーでそのプロダクトデザインをされながらも
傍らでイラストレーションを続けられてた佐野さん。
a0123451_2301220.jpg


佐野)「絵は描いていたものの、個展をするとかもしてなくて趣味として
   続けてました。会社を辞めた後時間ができたので、自分の道を探り、吉田さんの
   お手伝いをさせてもらいながらイラストレーターとしてもやっていくということを意識
   しだしました。

   絵というのが、自分の中で一番人に対してアピールできるというか、
   この人こんな絵を描くんだ!ということでコミュニケーションがとれたりとかがあって 」

ここで横須賀さんがおいしい新茶を入れてくれました。

横須賀)「武蔵小金井に通うようになってもうすぐ1年になるよね。どうですか?」
佐野)「うーん、あの、いい街ですよね、自然が豊かで、(自宅から)遠いんですけど
   苦じゃないです。最近はこの自然にも慣れ始めたんですけど、はけの道を通ると
   最初のころここに来るのが楽しみにしてたのをたびたび思い出します。
   今でも、来るたびに気持ちいいとこだなーと思います。」

横須賀)「この前の(小金井)神社と、今回の武蔵野公園でのはけ市を(ヨシタ手工業
   デザイン室スタッフとして)手伝ってもらったんだよね。」

佐野)「すごい雰囲気が良いなっていうのを感じました。自分たちで交通整理などもして
   安全でそれでいて楽しくやってるんだなと。  
   それで、チラシのイラストをやらせてくれると言ってくださったので、すごく
   うれしく思いました。

森)「本当に、ありがとうございます!」

佐野)「こちらこそありがとうございます。
   やろうと思ったときは楽しい雰囲気のものにしたいなというのがあって
   最初はこう、線画でもいいのかもしれないんですけど、色を使いたいなというイメージが
   あって、こういう感じになりました。
a0123451_2311348.jpg
(チラシ原画)

森)「この彩色は何で書いてるんですか?」
佐野)「色鉛筆です.」

森)「色鉛筆なんだ!色がすごくきれいだし、グラデーションの雰囲気も素敵だなと思って、
  2案見せてもらったんですが、どっちも良くて組合員もすごく迷いました。
  この髭の人、どっかで見たことあるんだよね!とか話してました(笑)」

佐野)「特に誰っていうことはないんですけど、いそうだな~みたいな(笑)
   はけ市に何回か出てみて、その時のふわっとした雰囲気のイメージで
   いいのかなって思っていて、
   自分が出した絵に対して、みなさんが、あ、こんなイメージがあるんだって思って
   くれるのが面白いのかなぁ、と思っています・・・」

横須賀)「2案あって、その関係性はどうなってるの?」

佐野)「最初にこれ(本チラシ)があったんですけど、各店舗で出力ということで
   インクのこととかを考えて線画を考えました。
   このほかに線画の案も考えたんですけと、最初の絵をトレースして線画の案も出してみまし
   た。」
a0123451_2325868.jpg


今回のイラストではその季節のアイテムを正面から表現するよりは、
来る人の着てる服装とか持ち物で季節感を出してくださったり、
出力で色味が変わるので、プリントしたときに明るく出るように修正をしたり
工夫してくださっています。

昨年、[東京アートフックフェア]にご出展された後、グッズの製作・販売や、ご自身のツイッターをみたバンドの方からお仕事の依頼も。

佐野)「こういう絵を描いてほしいとか、こういうのを作ってほしいというのが来るんですけど、
   ほぼ自分の中で完成形として一回出したものに対して
   「もっとこうして欲しい」と言われたりすると、あ~もう1回か(笑)と思うんですけど
   そこで終わらせると気持ち悪いし、ちゃんと作んないといけないなと思っていて
   そこは自分と相手の意向をすり合わせて書き上げて、応えてやろう!っていう気持ち
   になります。」

森)「私は花屋ですけど、相手の意向を形にして、そのイメージを超えた物のために自分の
  技術を使うっていうのはわかる気がします!わ、イメージにぴったりと言ってもらえると
  嬉しいし、私もそこ、燃えポイントです!(笑)」
a0123451_234396.jpg


佐野さんの屋号は[カブキガオ](スガシカオの発音で。カブキ・ガオ(矢吹ジョーの発音) 
ではない 注釈:森)
大学時代に、学校の裏ボスキャラ的な大学の清掃スタッフの女性にある日言われたそうです。
「あんたは、歌舞伎役者みたいな顔してる、世界で活躍するんだよ!」みたいなことを言われて
意味わかんないながらも、なんか元気出た。そういうこと、私もわかる気がする!

a0123451_2355851.jpg

a0123451_2362224.jpg


佐野さん、これからも[はけ市]のチラシ、よろしくお願いします!


聞いた人: はけ市組合員Flowers & Plants PETAL. 森 このみとYUZURIHA横須賀 雪枝
場所:ヨシタ手工業デザイン室

*カブキガオ(佐野圭)
  e-mail: info@kabukigao.com
home page : kabukigao.tumblr.com
[PR]
by hake-ichi | 2016-05-20 23:16 | スタッフに聞いてみた | Comments(0)

超初心者向けお花のレッスン

6月5日(日)の[はけのおいしい朝市]で
超初心者のためのお花のレッスンをいたします。

かごや、器に生けてあるお花、どういう風になってるかご存知ですか?
このレッスンでは、お花の基礎的なことをお伝えしながら
一緒にアレンジメントを一つ作っていきます。


a0123451_22331468.jpg

やり方を覚えてしまえば、お部屋にあるお気に入りの器や、
ひびが入ってしまったホーローのピッチャーやカップなど
どんなものにもお花を生けることができます。

工作でハサミを使えるお子さまも大人の方とご一緒に参加していただけます。
楽しく作っていきましょう!

花の樹液でお洋服が汚れるかもしれませんので、
エプロンをお持ちください。
いつも使っている花バサミがありましたらお持ちください。
なくてもこちらで何本かご用意いたしますので、ご安心を。
そのほかは特にご用意いただくものはありません。
お気軽にご参加ください。

a0123451_2234488.jpg


今回は超初心者向けですので、何度か作ったことある方や
中級以上の方には物足りないかもしれません!

日にち:6月5日(日)
時間 :11:00からと13:00からの2回
定員 :一回6名様くらい
参加費:¥1.500(花材、フラワーベース、レッスン料、消費税込み)
*予約優先 ペタル 森まで(090*6115*5482)

今までやってみたかった方、この機会にぜひご参加ください。
お待ちしております。


Flowers & Plants PETAL. 森このみ
[PR]
by hake-ichi | 2016-05-20 22:37 | PETAL | Comments(0)

vol.81  はけのおいしい朝市

5月はお休みさせていただきましたので、4月の武蔵野公園開催以来のはけいちです。
中村文具店で楽しく開催いたします。
今月から開催時間を変更しました。長らく朝9時からの開催でしたら、10時〜15時に変更します。
最近、朝のお客様がとても少なく、10時頃から賑わってくるので、ご要望に沿ってということで。
どうぞよろしくお願いいたします。

vol.81はけのおいしい朝市

【日程】2016年6月5日(日)
【時間】10:00~15:00
【会場】中村文具店 新店舗
(武蔵小金井駅南口から徒歩5分)
中町4-13-17/ 小金井街道 前原坂の中ほど はけのみち入口 / 電話 042−381−2230

・Unicorn Bakery (焼き菓子)【ゲスト】
・Rainbow Reaf (宙吹きガラス)【ゲスト】
・珈琲屋台 出茶屋(珈琲)
・tiny little hideout SPOONFUL(焼き菓子・デリ)
・中村文具店(古文房具)
・YUZURIHA(暮らしの雑貨)
・Flowers & Plants PETAL.(切り花・花雑貨)

<ワークショップ>
Petal.の超初心者向けお花のレッスン
11:00〜 13:00〜の2回開催、定員各回6名
参加費1500円 予約優先です。
(予約:森 090-6115-5482)
詳しくはブログをご覧下さい。
http://hakeichi.exblog.jp/

a0123451_1541229.jpg

チラシのイラストが変わりました。
イラストとデザインは「カブキガオ」さんです。
[PR]
by hake-ichi | 2016-05-17 15:06 | 開催通知 | Comments(0)


  


by hake-ichi

プロフィールを見る
画像一覧

▶ 次回は...
はけのおいしい朝市 vol.89・90
in武蔵野公園


【日程】
4月8日(土)9日(日)

【時間・会場】
武蔵野公園くじらやま付近
チラシマップをご参照ください


時間▶10時~15時半

----------------------------
朝市組合メンバーのサイト

アヤキッチン
珈琲屋台 出茶屋
Flowers & Plants PETAL
YUZURIHA
中村文具店
SPOONFUL
dogdeco HOME
ヤマコヤ やまさき薫
safuji
coupé
antiques-educo
----------------------------

最新の記事

vol.89.90武蔵野公園..
at 2017-04-11 01:19
はけのおいしい朝市 in 武..
at 2017-04-09 13:08
vol.89.90 武蔵野公..
at 2017-04-07 23:32
vol.89.90武蔵野公園..
at 2017-04-07 22:13
vol.89.90武蔵野公園..
at 2017-04-07 13:23

カテゴリ

全体
はけいちって?
小金井 いいトコ
小金井 いいヒト
小金井 いいモノ
珈琲屋台 出茶屋
PETAL
オーブン・ミトン
dogdeco HOME
YUZURIHA
やまさき薫
中村文具店
tiny little hideout spoonful
antiques-educo
safuji leather works
coupé
開催通知
はけいちゲスト
掲載情報
アヤキッチン
スタッフに聞いてみた
開催報告
ゲストさんに聞いてみた
201610.2神社開催出店者

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

画像一覧