<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゲストさんに聞いてみた ⑫ 「しまだ設計室」

1月のゲスト[しまだ設計室]の島田貴史さんを訪ねて、ご自宅兼設計室を森さん(ペタル)と横須賀(YUZURIHA)で訪問し、お話を伺ってきました。
何年も前に偶然小金井市前原町にある[しまだ設計室]の前を通りかかってから「素敵な設計事務所だなあ。この建物もご自分の設計なんだろうなあ」と通るたびに眺めていました。その後4年前に子どもを通して偶然知り合うこととなり、親しくさせていただくことに。はけいちのお客様にも「しまだ設計室」をご紹介したいと以前から思っていましたが、11月に島田さんが共著で本を出され、これはいい機会だと思い、お声をかけました。

島田貴史さんは大阪生まれ、筑波大で環境デザインを専攻、その後、京都工芸繊維大の大学院で学ばれたあとに、造園・ランドスケープのコンサルなどをやっている会社に就職されました。主に行政の仕事を受けて国立公園の整備や動物園の設計などをされていたそうです。そのお仕事は楽しくやりがいもあったそうですが、図面を書いたりすることが少なく、行政へのプレゼンを通すための資料作りなどに時間を割かなければならないことも多く、もっと設計に専念してみたい、住宅建築をやってみたいという気持ちが強くなり、退職を決意。「住宅設計を独立してやっていきます」と言ったらその時は周囲の人にとても心配されたそうですが、奥様の理解と支えもあり独立に踏み切られたのでした。

a0123451_16233399.jpg


「まずは自宅を建てよう」といろいろ勉強して自宅の設計をし、尊敬する建築家とよく組んでいて以前から気になっていた相羽建設に実際の施工を依頼します。初めて一人での住宅設計、経験豊富な相羽の方に助けてもらいながら進め、退職してから2年、思い入れたっぷりの自邸が完成。それは島田さんの住宅美学がぎゅっと詰まった最高のモデルハウスの完成でもありました。

a0123451_2245095.jpg
しまだ設計室外観(写真提供・しまだ設計室)

島田「この土地は正方形ではなくて、少し変形地なんですが、そこが良いと思って決めました。家を建てた後に、三角形に土地が余るので、植栽を余った敷地に合わせて大きな木、中くらいの木、小さな木を植えたり、駐車場が2台とれて、さらにここに木が植えられるでしょう。そういうところがいいと思ったんです」と自邸の図面を指しながら説明して下さる島田さん。なるほど。造園やランドスケープの経験豊富な島田さんらしい発想です。そして狭い土地でも庭や外の景色と家の関係をとても上手につなげてまとめるのが島田さんの設計の大きなポイントのようです。

島田邸のリビングは二階にあります。南側の掃き出し窓が大きく開くので、ベランダと室内を一体にすることができ、さらに広く感じます。大きく魅力的な窓から見える景色は普通の住宅街なのに、ちょっと素敵に感じます。
島田「窓はとても大切だと思っています。窓を開けたくなる家にしたい。家の中は模様替えくらいしか変化することができないでしょう。外に開くことで四季や景色を楽しめる。窓から見える植栽も大切です。家の中から植栽を楽しむという意味でも重要ですが、外からも植栽がクッションになり窓の中が直接は見えないのです」

a0123451_22432157.jpg
リビングでのお子さんたちの様子。(写真提供・しまだ設計室)

建築家に家を設計してもらうよさは、様々な要望も聞いてもらって家族に合わせてオーダーメイドで建ててもらえるので、無駄なくしっくりくる家に住めることだと思っていました。でも今回島田さんのお話を聞いて、その土地のかたち、周りの景色、もっと言えば街の空気に合わせて家を建てるということもオーダーメードの魅力なんだと感じました。土地一つ一つ、そこから見える景色は違います。どこに窓を作るかで家の住み心地が断然良くなるのです。私は島田さんが設計した家をオープンハウスで2軒見ています。(1軒は先日森さんも一緒に)そのどちらも、とてもうまく外の景色との関係、庭との関係をつくられているなと思いました。

a0123451_22492294.jpg



他にもまだまだペレットストーブのことや、地下の寝室、1階のお仕事場のことなど書きたいのですが、長くなってしまうので割愛し、出された本のお話を。


横須賀「出版のきっかけはなんだったんですか?」
島田「出版社からお話をいただいたんです。これから建築を志す人や若手に向けて設計のディテールの本を出しませんか?」とご依頼いただいて、面白そうだと。建築家の徳田英和さんとの共著なので、いろいろ相談して内容がかたまりました。これまで住宅設計をしてきて、施主さんに言われたことや、自分で感じたことなど、いろいろなディテールアイデアがたまっていましたし、こういう本があったら若手の人の役に立てるかなと思い執筆しました。」
建築家だけでなくこれから家を建てたいと思う人が読んでもとても参考になります。「そうそう!こういうの便利!こうあってほしい」となるほどと思わず声に出してしまいそうになるアイデアが満載です。

a0123451_16233598.jpg


森「今度のはけいちはどんな感じがいいですか?」
島田「本の紹介という意味合いもありますが、まずは[しまだ設計室]という設計事務所が小金井にあるということを知っていただき、建築家に家を建ててもらうということを身近に感じてほしいという思いがあります。我が家にもどんどん来て、見て、いろいろ聞いてもらいたいなと思っているので、そのきっかけになればと思っています。家を建てたい方には土地の購入段階からご相談にのったりしています。旗竿敷地や変型地でも設計次第で住みよい家になったりするんです。」
森「わかりました。本のご紹介・販売と住宅相談という感じでぜひお願いします。私たちも楽しみにしています。」
居心地がよいお宅なのでついつい長居してしまいました。お忙しいところありがとうございました。しまだ設計室の魅力をぜひはけいちのお客様にも体感してほしいと思いました。今度は島田邸見学会もはけいちで企画できたらいいのかな・・・
1月8日は是非お気軽に島田さんに声をかけてくださいね。

しまだ設計室 http://kazunoki.com


書いた人:横須賀(YUZURIHA)
写真を撮った人:森(ペタル)、しまだ設計室
[PR]
by hake-ichi | 2016-12-28 17:30 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)

vol.86はけのおいしい朝市【2017.1月】

2017年最初のはけいちは中村文具店にて開催させていただきます。
新年の毎年恒例になりつつある「はけぶくろ」、おふるまいもあります。
ゲストさんはちょっと趣向を変えて住宅設計よろず相談。
ロケットストーブってご存じですか?ぜひ見に来てください。
2017年ものんびり楽しくいきたいと思います!お楽しみに!

vol.86はけのおいしい朝市
【日程】2017年1月8日(日)
【時間】10:00〜15:00
【会場】中村文具店


・しまだ設計室【ゲスト】
小金井市にある設計事務所。新刊『なるほどディテール』の販売と住宅設計よろず相談。
http://kazunoki.com/

・珈琲屋台出茶屋(珈琲)
・tiny little hideout SPOONFUL(焼き菓子、デリ)
・中村文具店(古文具)
・Flowers & Plants PETAL(切り花、花雑貨)
・YUZURIHA(暮らしの雑貨、なたね油)

〈ふるまい〉
新年最初のはけいちなので、甘酒をご用意いたします。
(たくさんご用意いたしますが、なくなりましたら終了します。ご了承ください)

〈はけ袋〉
今年も福袋作ります。1500〜2000円、限定10個
組合員オススメの商品が入っています!

〈小型ロケットストーブテスト会〉
屋上でロケットストーブを体験しようというイベントです。アルミホイルに包んだ芋などご持参くださるとその場で焼くことができます。ぜひご参加ください!


a0123451_23182680.jpg

[PR]
by hake-ichi | 2016-12-26 23:24 | 開催通知 | Comments(0)

vol.85、ありがとうございました。

朝から良く晴れて暖かい朝、中村文具店の屋上からは広い青空と遠くの紅葉がよく見えました。
今年最後のはけいちもたくさんの方にお越しいいただきました。
どうもありがとうございました。


a0123451_18424627.jpg



はじめて出店してくださった『グルヌイユ』さん。a0123451_18443790.jpg
グルヌイユさんのパンを楽しみにいらっしゃるお客さまで中村文具店2Fは朝から大にぎわいでした。

おなじく初出店の『いな暮らし』さんa0123451_18453523.jpg
稲城のお米やおばあちゃん仕込みの梅干しを使ったおむすび、パンにもごはんにも合う野菜たくさんのお惣菜。稲城から来てくださったお客さまもたくさんいらしゃいました。

YUZURIHAと吉田手工業デザイン室の新作TRIPWARE。a0123451_18463238.jpg
アヤキッチンの赤ちゃん初お披露目(おめでとうございます!

ヨシタ手工業デザイン室スタッフ高松さんがデザインされたキッチンスツールも初登場。a0123451_18491431.jpg

ガレージでも上着いらずのポカポカ陽気、出茶屋さん。a0123451_18494608.jpg

ペタルさんのリースのワークショップは地下のギャラリーのようなスペースで開かれました。a0123451_1932819.jpg

スプンフル x コピパナスa0123451_20383816.jpg
サンタも猫も引き続きお店で販売しています。
そして中村文具店さんと、手ぬぐい屋ともぞう本舗の敏腕営業部長さん。
a0123451_18483048.jpg



今年のはけのおいしい朝市はこれにて終了となります。

来年は2017年1月8日(日)に開催です、詳しくはまた改めて!

よいお年をお迎えくださいませ。



tiny little hideout SPOONFUL
サラ
[PR]
by hake-ichi | 2016-12-04 18:36 | 開催報告 | Comments(0)

on the way to いな暮らしさん!

良いお天気
いな暮らしさんへ
自転車で行ってみた





色付いたもみじ
多摩墓地を走る
a0123451_2151084.jpg


甲州街道を越え
車返団地を走る
a0123451_21531343.jpg


多摩川
気持ちイイ!!!
a0123451_2265982.jpg



多摩川原橋を渡る
ジャングルを右手に
KUROGANEYA近く
a0123451_2154859.jpg


いな暮らしさん到着!!!
a0123451_21551859.jpg


寄り道しながら40分くらいかな・・・
a0123451_21544970.jpg


お庭を眺め
素敵な時間
a0123451_21555862.jpg


日が暮れる前に
家路へGO!




稲城大橋の夕日はダイナミック
a0123451_21571934.jpg


クルクル橋を走る
a0123451_21575899.jpg


新しい発見
はじめての道をワクワク
自転車を走らせて

自然いっぱいの稲城
いな暮らしさんは川を渡った
鶴川大橋と稲城大橋の中間にあります

ともみさん
もえさん
ありがとうございました!!!
[PR]
by hake-ichi | 2016-12-02 23:22 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)

ゲストさんに聞いてみた⑪『いな暮らし』

今日は、眞嶋麻衣さん(スプンフル)、中村さん(中村文具店)、森(ペタル)で
はけ市のゲストでもたびたびご出店いただいている(アジアンミール)さんのご紹介で
稲城市にある[いな暮らし]さんにおじゃましてお話を伺ってきました。

a0123451_22371670.gif


いな暮らしさんは、お母さんと娘さん(鈴木ともみさんともえさん)の親子で営んでいらっしゃる
稲城の古民家のカフェスペースです。

a0123451_22383216.gif

ともみさん(左)と、もえさん(右)

最初はお母様が週一回のペースで、
ご自宅の駐車スペースでパンやみかんを販売されたのがはじまり。

もえさん
 「お母さんは私が小さいころからずっと地域の活動や、子どもに絵本を読んだりできる文庫を作ったり
 していたんです。
 それで、3.11があって、うちの前を通る人たちが、電車が止まっているのに駅に向かっていくのを見て
 案内板があったらいいかな?と思って[電車止まってます!]看板を出したり、
 [物資を被災地に持っていけない人は家で預かってまとめて送ります]と
 黒板に書いたりしていました。
 そういうことがきっかけとしてあったんですが、稲城は梨とブドウが有名なんですけど、
 ミカンやブルーベリーなども豊かで、そういうことを紹介したいなという思いもあり、
 最初はどこにも卸してない個人農家さんに頼んで、みかんを販売することを母が始めたんです。」

このガレージ時代がきっかけで、[いな暮らし]さんが始まります。

そのころ娘さんのもえさんは、大学でコミュニティーカフェをされていました。地域の人と学生をつなぐカフェを有志を集めて、週末に食堂を貸してもらってやったりしていたそうです。

a0123451_2241098.gif

↑真剣に話を聞く麻衣さん

森「そのガレージからどうしてこの場所に移られたんですか?」
ともみさん「ガレージでやってた後に、パン屋さんを間借りしてやってたんですけど、
 そのパン屋さんがやめるっていうことになって、そこがとてもいい空間になっていたんですね。
 それでパンの道具などそのままで[いな暮らし]やらせてもらうことになったんです。
 飲食の許可を取って、定食とかを出し始めたんです。
 また彼女が戻って来てもそのまま使えるしねなんて言ってて。」

もえさん「それを始める2週間くらい前にパン屋さんの所で[いな暮らし]やるって母から
 電話がかかってきて。そこで私も一緒にやる!って言って」(笑)

ともみさん「しばらくやってたんですけど、パン屋さんが戻ってくることになって。」
森「やっぱり戻ってきた!」

パン屋さんで営業されていた時のお客さまで、古民家を借りてお芝居をやっている方たちがいたそうです。
それでその方たちのお芝居を観に行ったりしていた場所が後に[いな暮らし]さんの場所になります。
2011年にガレージで→パン屋さんの間借りを経て現在の場所で2014年の夏から営まれるようになった歴史がありました。

とても素敵なお家で、すりガラスや、縁側と廊下を仕切る大きなガラスの木枠の窓、お庭など、とても落ち着く魅力的な場所です。
おふたりのお人柄と[いな暮らし]への情熱で、ぴったりの場所と巡り合えたのですね。
a0123451_22433860.gif


私たちが注文したお茶とお菓子
a0123451_22444393.gif


カフェをやりたかったわけじゃなくて、こういう人とのつながりができる場所が欲しかったとおっしゃるおふたり。
メニューも最初はお味噌汁とおむすびというとってもシンプルなものから。
今ではだんだん種類も増えました。
a0123451_22454137.gif


雑貨なども販売されていて、お母さまのともみさんがディスプレイ担当。
a0123451_22462993.gif


JR[稲城]の高架下のプロジェクトにも参加されています。大人も子どもも[遊ぶ・学ぶ・表現する]というコンセプトで、ガレージ時代の[いな暮らし]さんを知ってたJRの方から声がかかったということです。
ともみさんと、もえさんの人脈の広さを生かして、人々と今ある稲城の素敵なひとやモノや場所をつなぐ役割も担っています。
まさに稲城の暮らしを伝えるという[いな暮らし]のお名前そのままに活動をされているんですね。

おふたりと、私たちの3人で、会の運営やこれからについて話に花が咲きました!

次回のはけのおいしい朝市に持って来ていただくものは何でしょう!

ともみさん「おむすび、いつも出してる玄米の物と、別の物の2種類で。
野菜中心のデリを3~4種類にしようかしら。」

お米は、稲城の個人農家さんのもので、市場に流通していないお米を直接仕入れられています。
野菜も、稲城産の新鮮な物中心にして作られています。
*稲城には、稲城の個人農家さんのお野菜や果物を流通されている[7-mira(ナナミラ)]さんがあって
[7-mira]さんからも仕入れされています。
7-miraさん: http://7-mira.com/about/

12月4日(日)のご出店が楽しみですね!

この[いな暮らし]さんへは自転車で行くのが、気持ちいいみたいです。
麻衣さんと中村さんのサイクリングレポ、あります。
こちらもお楽しみに!

いな暮らし
住所 東京都稲城市押立1744-46
営業時間 火・水・金・土 9:00〜17:00
 モーニング / 9:00〜11:00
 ランチ / 11:00〜14:00

お問い合わせ inagurashi@gmail.com
ホームページ http://inagurashi.com/
facebook https://www.facebook.com/inagurashi.inagi

書いた人:森(ペタル)
写真を撮った人:麻衣さん(スプンフル)と中村さん(中村文具店)
[PR]
by hake-ichi | 2016-12-02 23:06 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)

ゲストさんに聞いてみた⑩『グルヌイユ(自家製パンとおかし)』

木々がうっすら色づき始めた秋の始まりに、中村さん、森さんと一緒に高尾にあるグルヌイユさんを訪ねました。
a0123451_19035102.jpg
地元の同級生だったというパン担当の金光さんと焼き菓子担当の渡辺さんのお二人ではじめたグルヌイユ。
最初の2年は店舗を持たずにイベントなどで販売をされていたそうですが、一軒家の離れを改装して今の店舗をオープンしてからもう12年目になるそうです。

a0123451_19253631.jpg
a0123451_19261226.jpg
お店と同い年だという2本のオリーブの大木に囲まれた入り口を入ると、店内は「新しく入れたばかり」という大きなパン窯からの温かさとともに、パンのいい香りでいっぱいです。
内装などの大工仕事は渡辺さんが得意だそうで、夏の暑い時期にお父様と店内の壁の漆喰を塗ったお話や、パン窯の前に置かれた使いやすそうな大きい木の作業台もひとりで作ってしまうと聞いてびっくり。

a0123451_19040016.jpg
あちこちにお店の名前の由来のカエルの置物があります。

お店で販売しているパンは、全て自家製の酵母を毎日ぬか漬けのようにお世話しながら継ぎ足し続けているそうです。
「パンも焼き菓子も、グルヌイユをはじめてから作り続けているものばかりなんです」と金光さん。
a0123451_19040214.jpg
a0123451_19041604.jpeg

はけいちにいらっしゃる方たちにひとことお願いしました。

「グルヌイユのパンは派手なパンではないですが、粉や素材のおいしさをぜひ味わってもらいたいです。」

控えめだけれど、年数を経て粉を変えたりしながらよりシンプルだけど滋味深く、おいしいパンとおかしを焼き続けているお二人の人柄が、お店のおおらかであったかい雰囲気やパンやおかしにあらわれているなぁ、と高尾の美味しい空気を深呼吸しながら思ったのでした。
a0123451_19041117.jpg
お店販売は木・金・土のお昼頃から売り切れ次第終了とのこと。通信販売もされているそうですが、イベント出店などでお休みのこともあるそうですので出かける前にお電話などで確認される方がいいかもしれません。


グルヌイユ
住所 東京都八王子市下恩方町215
電話/FAX 090-2753-2018/0426-23-8139
メールアドレス koubo@pain-grenouille.com
ホームページ http://www.pain-grenouille.com


書いた人:サラ(スプンフル)
写真を撮った人:森(ペタル)
運転をした人:中村(中村文具店)


[PR]
by hake-ichi | 2016-12-01 06:03 | ゲストさんに聞いてみた | Comments(0)


  


by hake-ichi

プロフィールを見る
画像一覧

▶ 次回は...
はけのおいしい朝市 vol.91


【日程】
6月4日(日)
【会場】
10〜15時
中村文具店

時間▶10時~15時半

----------------------------
朝市組合メンバーのサイト

アヤキッチン
珈琲屋台 出茶屋
Flowers & Plants PETAL
YUZURIHA
中村文具店
SPOONFUL
dogdeco HOME
ヤマコヤ やまさき薫
safuji
coupé
antiques-educo
----------------------------

最新の記事

vol.91はけのおいしい朝市
at 2017-05-17 22:24
vol.89.90武蔵野公園..
at 2017-04-11 01:19
はけのおいしい朝市 in 武..
at 2017-04-09 13:08
vol.89.90 武蔵野公..
at 2017-04-07 23:32
vol.89.90武蔵野公園..
at 2017-04-07 22:13

カテゴリ

全体
はけいちって?
小金井 いいトコ
小金井 いいヒト
小金井 いいモノ
珈琲屋台 出茶屋
PETAL
オーブン・ミトン
dogdeco HOME
YUZURIHA
やまさき薫
中村文具店
tiny little hideout spoonful
antiques-educo
safuji leather works
coupé
開催通知
はけいちゲスト
掲載情報
アヤキッチン
スタッフに聞いてみた
開催報告
ゲストさんに聞いてみた
201610.2神社開催出店者

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

画像一覧